リオティント、ボルボ・グループと低炭素原料の供給および持続可能な自律運搬ソリューションの試験運用で提携

2022/09/14

このたび、リオティントとボルボ・グループは、戦略的パートナーシップを構築するための覚書を締結しました。これに基づき、リオティントは責任をもって生産した低炭素原料やソリューションをボルボ・グループに提供し、一方で、両社はボルボ・グループの持続可能な自律運搬ソリューションのひとつであるEVトラックの試験運用を通じて、リオティントのオペレーションにおける脱炭素化に取り組んでいきます。 

 

複数の原料が対象となる今回のマルチマテリアルパートナーシップ は、世界有数の鉱物・金属の企業であるリオティントのオペレーションとサプライチェーンの脱炭素化を図る取り組みを前進させるものです。また、これにより、世界最大の輸送・インフラプロバイダーのひとつであるボルボ・グループが目指す、将来のネット・ゼロの実現を支援します。このパートナーシップは、リチウム、低炭素アルミニウム、銅、その他の金属などの原料の供給を確保することを目的としています。 

 

リオティントのCEOであるヤコブ・スタウショーンは次のように述べています。「鉱山からショールームにいたるまで、バリューチェーン全体において持続可能な成果を導くためにボルボと協働し、ネット・ゼロの未来へさらに貢献していくことを楽しみにしています。当社のオペレーションにおける脱炭素化を支援してもらい、EVや自動運転車を始めとするボルボの革新的な製品群に使用される低炭素原料を当社が提供することで互いに協力していく予定です。」  

 

ボルボの社長兼CEOであるマーティン・ルンドステットは次のように述べています。「私たちは、化石資源を使用しない脱炭素の未来に向けた野心を果たすため、リオティントとの真のコラボレーションを熱望しています。製品に低炭素原料を使用することから顧客に持続可能な自律走行ソリューションを提供することまで、バリューチェーン全体に取り組むことで、より良い、より持続可能な未来に貢献できるのです。」  

 

両社はこのパートナーシップを通じ、RenewAl™や二酸化炭素を排出しないElysis™の製錬技術により生産されたアルミニウム、ASI認証を受けたアルミニウム、Copper Mark認証を受けた銅など、責任をもって生産された低炭素原料の供給を強化し、さらには電池用リチウムの供給など製品開発の機会を協力して調査する予定です。

 

お問い合わせ 

Media Relations, Japan 

奥野雄三   Yuzo Okuno 

M +81 (0)90 8502 0774 

yuzo.okuno@riotinto.com

 

Rio Tinto Japan 

1 Kojimachi 4, Chiyoda-ku 

Tokyo 102-0083 

Japan 

riotinto.com, https://riotintojapan.com  www.facebook.com/riotintojapan twitter.com/riotintojapan